剤形/剤型

ABITECは、医薬品業界に向けた高純度の脂質ベースの乳化剤および可溶化剤の開発およびcGMP製造における世界的なリーダーです。ABITECの機能性賦形剤は、ソフトゼラチンカプセル、錠剤、非経口、局所、経皮、点眼や座薬など、幅広い医薬品の製剤形態や投与剤形に組み込むことが可能です。

経口投与製品

ABITECのフルラインの経口投与剤形用機能性賦形剤は、浸透性増強、延長放出、可溶化剤、乳化剤と潤滑化のアプリケーションを含む幅広い用途にご使用いただけます。 

非経口投与製品

新しいINJECTA™の非経口グレードの脂質賦形剤により、注射用有効医薬品成分(API)の可溶化および浸透性の改善が可能になります。INJECTAの製品ラインは、注射用製剤を開発するための最高品質の機能性脂質であることを保証するために、発熱物質(パイロジェン)、微生物パネル、そして粒子状物質に対しての評価が行われています。

局所および経皮投与製品

ABITECの機能性脂質成分は、クリームやジェルの様な乳化された局所投与剤形への製剤化に利用できます。 さらに、ABITECの賦形剤は、経皮製剤の浸透を増強できます。

座薬

ABITECの機能性座薬成分は、座薬投与剤形の製造、担体および放出の要件を同時に満たすように設計されています。

点眼

ABITECの脂質賦形剤は、点眼投与剤形において送達される活性物質の可溶化と浸透性を改善します。今日の点眼製剤形態の多くは、経口投与剤形と同様に、可溶性に関して困難な課題を抱えています。ABITECの高度に機能性の脂質は、安定的な活性物質運搬乳剤の製剤化のために特別に設計されています。