基液

産業用や市販の潤滑剤の製剤設計者は、特定の用途やマーケットを対象とした新製品を開発する必要が発生した際には、合成基液や天然オイルに目を向けることが増えつつあります。ABITECは、合成エステル、天然オイル、ポリアルキレン・グリコール(PAG)やアミドなどのグループV基液として使用されることの多い物質の開発及び製造に関する豊富な経験を有し、この様な事態を十分に支援できる状態にあります。

特徴:潤滑剤用の高粘性エステル

これらの環境に優しい特殊エステルは、ギヤオイル、グリース、油圧用作動液、チェーン用潤滑剤やワイヤロープ用潤滑剤などの多種多様な潤滑剤の製剤化にぴったりの選択です。これらは特に、成形、引抜き加工や打抜き加工の操作のための金属加工油剤としても最適です。Caplube®の製品ラインには、高粘性および超高粘性の合成エステルが含まれており、すぐにサンプルをお届けできます。

入手可能な製品

CAPLUBE®の合成エステル

これらの環境に優しい特殊エステルは、ギヤオイル、ワイヤロープ用潤滑剤、グリースや、低温の油圧用作動液として最適です。Caplubeの製品ラインには、高粘性および超高粘性の合成エステルが含まれており、これらは通常はドラム缶およびトートでの販売となります。

製品名製品説明40°Cでの動粘度(cSt)100°Cでの動粘度(cSt)
Caplube 9048L複合エステル、非常に低い流動点48.58.2
Caplube 9400複合エステル40039.9
Caplube H9104

複合エステル、高粘性

1,040

100

Caplube H9170複合エステル、超高粘性1,700125
Caplube H947K複合エステル、超高粘性47,0002,000
Caplube G810

トリカプリル酸グリセリル/カプリン酸

14

3.6

Caplube NPGC

ジカプリル酸/カプリン酸ネオペンチルグリコール

8

2.4

Caplube MQ-10

独占所有権を有するエステルのブレンド

9

2

リソースセンターをご覧ください。

PURECO®天然植物油

Purecoキャノーラ油は、標準グレードと高オレイン酸グレードの2種類があります。これらのグレードの製品は共に、ドラム缶、トートおよびバルクでの販売となります

製品名製品説明
Pureco COキャノーラ油
Pureco CHキャノーラ油、高オレイン酸

リソースセンターをご覧ください。

CAPLUBE®およびPURECO®は、ABITECコーポレーションの登録商標です。発表日現在において、このウェブサイトに掲載される全ての情報および記述は、正確と判断されたものです。 しかし、顧客またはサードパーティーによる製品の加工において得られるあらゆる結果を含めて、ABITECコーポレーションおよび関連会社は、これに関していかなる表明または保証も行うものではありませんが、これに限定されません。 全ての情報および記述は、必要とされるスキルと実務知識を有する個人を意図したものであり、製品の使用に先立って、特定の目的に関して与えられた情報および記述の適切性を、顧客または使用者が検証することを免除するものではありません。 適切な法律および規制、そしてサードパーティーの全ての特許権および他の知的財産権を尊重することは、完全に顧客または使用者の義務となります。 ABITECコーポレーションは、それが明示されているか暗示されているかに関わらず、いかなるサードパーティーの特許権、著作権、または他の権利に関する保証を含めて、 この ウェブサイト に含まれる情報および/または この ウェブサイト において記述または宣伝される製品の特定の目的に関して、正確性、流通性、完全性および/または市販可能性または適合性に関して、いかなる種類の表明または保証も明白に否認します。 我々は、製品の仕様および製品の指定される特性を予告なく変更する権利を留保します。